結婚したい30代女は求めすぎ?



結婚したい30代女は求めすぎ?

結婚したいと考えている30代女性は、男性に多くの条件を求めすぎているのでしょうか?

男性は女性に対して、年齢と容姿のみという方が大多数を締めますが、女性は男性に対して、比較すると多くを望むことがあるようです。
しかし、その理由を見てみると、当然というか、仕方がないことなのかもしれません。

その理由として、女性は男性の家に嫁ぐ、ということになるからです。
逆に男性が女性の家に嫁ぐという社会だれば、男女の考え方の差は、全く逆になっている可能性がある、ということです。


結婚で男の家に嫁ぐことの意味

02

30代女性が、男の家に嫁ぐということの意味は、自らの生家を離れ、男性の家の人間になる、という意味になります。

女性は自分の生家から切り離され、旦那さんの家に吸収される、という例えだと分かりやすいでしょうか。

となると、嫁ぎ先の家族構成や、同居の有無、生活環境や生活習慣など、女性はモロにその影響を受けることになるので、気にしないわけにはいかないと思います。

つまり、女性は自分の生まれ育った生家から離され、育っていな家に、いきなり日常暮らすことになるので、その順応する力というのは、大変なものがあります。

同居するとなると、その旦那側の生活習慣の影響をモロに受けます。
だって、自分以外は、それが当たり前という「暗黙知」が出来上がっている中で、生活するのですから、その違和感たるや、相当なものです。


女性は男性の年収に大きな影響を受ける

女性は出産するという前提にたつと、どんなにがんばってもある一定の期間は、仕事ができませんよね。

さらに、子育ては膨大な手間と時間が必要です。
専業主婦を「是」とする人は、男性に働いてもらえばよいですが、社会で活躍したい、人と関わり自分の人生をしっかりと踏みしめたい、という女性も多いことでしょう。

でも、出産後に子育てが控えているので、完全復帰は難しいと言えそうです。

そこで、生活の基盤となる経済力の多くを、男性頼みとなることが多々あります。
まさに男の経済力が、家族の生活レベルを左右するというインパクトです。

家族の衣食住はもちろん、子供の教育、旅行や外食などの余暇、全てが男性の年収に依存します。
となると、年収が高い男性を獲得したいのは、当然のことです


結婚後に生活の質を上げるのは大変

結婚すると、男性の年収に合わせた生活レベルに落ち着くことが、ほとんどです。
年収400万円なのか、年収1,000万円なのか、ということです。

もちろん、年収400万円だとしても、男性が昇進することで、年々年収はアップしていくことでしょう。
また、赤ちゃんから子供に成長することで、少しは時間的な余裕もでき、女性からもインカムが期待できるようになります。

しかし、大幅に生活レベルをアップさせるのは、大変なことですし、もしかすると一生そのままかも知れません。

年収という経済力は、社会的階層のレベルそのものです。
その階層を下層へ移動するのは、簡単です。
でも、階層を情報へ移動するのは、非常に難しいと言えます。

自営業であれば、商売が上昇することで、余裕が生まれるかもしれませんが、逆にリスクもあります。
会社員であれば、ある程度安定はしますが、収入が増えるのは、非常にゆっくりのスピードです。

こう見ていくと、30代女性の立場としては、何としてもある一定の年収の男性を獲得したい!っという思いに駆られると思います。


年収や他のスペックで男性を選べるのは結婚相談所

婚活において、年収はもちろん、同居の有無や、学歴、職業など、様々な書類にて証明されたスペックで男性を選ぶことができるのは、唯一、結婚相談所のみです。

婚活パーティーや、婚活サイトでは、書類の提出や審査があったとしても、甘く、その書類の種類も少ないです。

つまり、真剣に結婚したいと思う人達が集まっているのは、結婚相談所という事になります。

30代の女性というと、出産リミットをかなり意識しているわけで、なるべく早く、なるべく良いお相手の男性を見つけたい、と考えていることでしょう。

結婚真剣度の高い会員が集まっているので、結婚相談所は最強です。


まとめ

結婚したい30代女性は、男性に多くを求めるのは、真剣に自分の人生を考えていることの裏返しであり、当然のことだと思います。

しかし、各人の個人差がありますので、年齢や年収、容姿など多少、許容範囲を広く持つことも大事だと思います。
理想が高すぎて、そもそも成婚できなければ、人生設計全体が大きな影響を受けることになります。
つまり、一人ぼっちで、老後を過ごすことにもなりかねません。

この辺りの微妙なさじ加減や、市場感・自分の市場価値は、結婚相談所のアドバイザーに質問するとよいでしょう。
自分の立ち位置が見えてきます。
妥当な条件なのか、高望みし過ぎなのか?だんだん、見えてきます。

結婚相談所は高額サービスのため、複数社を比較する必要があり、資料請求が一般的です。
一割資料請求を利用し、その後、支店での男性とのお試しマッチングで、自分の価値を知るなど、徐々に婚活を進めていくとよいでしょう。

結婚相談所比較サイトへアクセスしてみる